日本一ホイールが好きな男
日本一ホイールが好きな男
ホーム > リフォーム > リフォームには様々な種類や目的がある

リフォームには様々な種類や目的がある

リフォームといっても色々な分類や種類があるので、整理しておく必要があります。新しく部屋を作ったりして、建物自体の建て床面積を増やす工事の場合は増築と呼ばれます。また逆に建物自体の建て床面積はそのままで、部屋の間取りなどだけを公示する場合は改築となります。同じく建物自体の建て床面積は変えずに内外装だけを変更する工事は改装です。更に古くなって傷んだりした部分だけを修繕する場合は補修となります。リフォームはこのよう大きく4つのカテゴリーに分類できます。

 

次に目的別にリフォームを考えることもできます。最近多いのが高齢者向けに家の中の段差や危険な個所を改善して安全に住めるようにするバリアフリーリフォームです。また地震などの災害対策用として、家の構造を補強して倒壊や半壊などのリスクを軽減するのを耐震耐久リフォームといいます。更に最近流行のオール電化や高気密で高断熱住宅に改善して光熱費などが節約できる省エネ住宅リフォームも人気があります。自分の目的や希望に合ったリフォームを選択することが大切です。

フレッシュハウスの口コミと評判を調べました